2017年東京都議会議員選挙のポイントを選挙コンサル特定行政書士が解説します

127人を選ぶ選挙 東京都議会議員選挙は1362万人の東京都民を代表する議員を127人選ぶ選挙です。都議会議員の任期は4年。 他の都道府県議員も東京都議会議員と同様に任期が4年で、大多数の都道府県では同じタイミングで選挙 ‥‥

候補者が絶対に理解すべき政治活動と選挙運動の違いとは?選挙コンサル特定行政書士が公職選挙法を具体的に解説

選挙運動と政治活動を区別する必要性 選挙が近づくと、街中にポスターが増えてきたりテレビ報道で選挙に関する情報が増えてきます。 しかし、法的には立候補者が立候補の届出をするまでは選挙運動は禁止されています。したがって、一般 ‥‥

必ず押さえる選挙用語!立候補時に知っておくべき基本事項を選挙コンサルタント行政書士が解説

様々な理由から選挙に出ようと決心しても、今まで政治に関心がなかった方も多いでしょう。このページでは、立候補するにあたって最低限知っておくべき用語を解説します。 選挙権 日本国民で満18歳以上の者は国政選挙の選挙権を有しま ‥‥

選挙ポスターの印刷には時間がかかる?選挙コンサルタント行政書士が選挙ポスターの裏話を解説

突然の出馬だと選挙ポスターが間に合わない 現在行われている東京都知事選挙では、野党統一候補である鳥越俊太郎氏の出馬表明が告示直前の7月12日にずれ込みました。そのため、鳥越氏の選挙ポスターは告示当日14日午前中に刷り上が ‥‥

次点でも諦めない!選挙に関する不服申立てを特定行政書士が解説します

特定行政書士の誕生 平成 26 年 6 月に公布された「行政書士法の一部を改正する法律」により、日本行政書士会連合会が実施する特定の研修を修了した行政書士(「特定行政書士」)は、行政書士が作成した官公署に提出する書類に係 ‥‥

宮城県警が法令解釈を誤り選挙カー使用を不許可

私達は選挙のプロです

仙台市議選立候補した新人候補が選挙カー使用を申請したところ、宮城県警が法令解釈を誤り、本来は許可されるべきものを不許可にしていました。宮城県警のミスで選挙戦初日の24日から25日夕方にかけて選挙カーを使えなかったとのこと ‥‥

投票年齢引き下げに伴う少年法の特例

公職選挙法が改正されて投票年齢引き下げ 公職選挙法改正により、投票年齢が18歳に引き下げられます。これに伴い、18歳以上の未成年者にも選挙運動が解禁さることになります。 では、18歳19歳の未成年者が選挙違反を犯した場合 ‥‥

違法選挙プランナーが逮捕されました

選挙コンサルタントは行政書士の独占業務です。 無資格の「違法選挙プランナー」が関与した選挙で選挙違反が摘発される事例が多発しています。行政書士の資格を持たない、違法な選挙プランナーや違法な選挙コンサルティング会社にご注意 ‥‥

バイト代を払うのは犯罪です!選挙期間中の電話作戦でバイト代や報酬を払うと選挙違反(運動員買収)

公職選挙法の買収とは? 買収に関する規定は公職選挙法221条1項にあります。条文を見てみましょう。 公職選挙法第二百二十一条(買収及び利害誘導罪) 次の各号に掲げる行為をした者は、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以 ‥‥