インターネット選挙運動に関する記事を紹介しています。弊所では選挙法務専門の行政書士が選挙に関するコンサルティングを行ってます。

未成年者の落選運動

未成年者は,現行法においても選挙運動そのものが禁止されており(公職選挙法137条の2第1項),インターネット選挙運動の解禁後も同様に,これを行うことができません。 では,「落選運動」はどうなのでしょうか? 大判昭5.9. ‥‥