川口の県議補選、低投票率の恐れ


首長選挙などと同時でなく、単独で行われる補選は注目度が低く、投票率も低くなる傾向にあります。今回の埼玉県議補選は市長選直後ということもあり、有権者の選挙疲れも影響していることでしょう。

投票率が20%台という状況は民主主義にとって危機といえますが、それを更に下回り15%前後まで下がるとなれば、有権者の意思を反映したものといえるか疑問です。

川口の県議補選、低投票率の恐れ 市選管に危機感

投開票を2日に控えた県議南2区補選(川口市、改選数2)は、市役所など8カ所で行われている期日前投票の出足が悪い。2月27日までに投票した人は約6300人。2011年の統一地方選で実施された県議選は同時期1万2400人で、今回は半分のペース。各陣営からは低投票率を心配する声が出ており、市選管も危機感を募らせている。

2月の市長選で投票率が史上最低の27・32%だったこと、告示以降の選挙戦の「静かさ」もその根拠。11年県議選の投票率は40・19%だったが、ある陣営は「20%を切るのでは」と言い、別の陣営は「15%前後もあり得る」とみる。

市選管は選挙期間中、職員が都合のつく限り広報車に乗り、低投票率が心配される地域でアピールしてきた。1、2日も10台を出して投票を呼び掛ける。

http://www.saitama-np.co.jp/news/2014/03/01/06.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です